So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

新たな発見 [イベント・お出かけ]

ふと、自分のカメラに「何が入ってたっけ?」と、
撮った写真を見ていたら、こんな写真を発見!
IMG_1545.JPG
まわりにいた職場の仲間に「見て、見て。」と、見せていて気づきました・・・。
「これ、江の島ですか?」と聞かれて思い出し、「そうそう、江の島。
江ノ電の駅の・・・。」と言いかけて、「あ、江ノ電カラー!」
自分でビックリ(笑)!
そしてさらに、「こういう柵、町田にもあるよね。」という話になり、
「特注じゃなくて、カタログとかあるのかな?」と、気になりだし、
一人の仲間が「ぐぐっちゃおうかな。」と検索し・・・。
ありました! ‘車止め 小鳥付’。
気になるとつい調べたくなるのは、一種の職業病かしら(笑)?
そしてまたさらに、さっき自分であれこれ検索していたら、
この江の島の小鳥たち、結構有名なようで、
季節ごとに衣替えをしているとか。違うバージョンもぜひ見てみたいです^^

ちなみに、この江ノ電さんぽに出掛けた日、また生しらすを食べました♪
IMG_1544.JPG
生しらすと、釜揚げしらすと、揚げしらすの三食丼。
どれだけしらすが好きなの!?と言われそうですが^^;、
とっても美味しかったです。

その日は、生まれて初めて江の島の頂上まで行きました。
シーキャンドルと呼ばれる展望灯台にも行ってみました。
曇っていたのが残念でしたが、また行ってみたいです。
庭園の花がきれいでした。
IMG_1546.JPG

IMG_1547.JPGIMG_1548.JPG
開きそうな蕾が、なんだか赤ちゃんみたいで可愛いかったです^^
一日のんびりあちこち歩いて、気持ちの落ち着く一日でした。


寂しいけど [イベント・お出かけ]

今の職場で、非常勤として働き始めたときから、
ずっと一緒だった、同期のKさん。
歳も近くて、家も近かったこともあり、話もしやすくて、
すぐに仲良くなりました。
今思うと、よくあんなに話すことがあったなぁ、と思うほど、
一日一緒に仕事をした後に、お茶して帰ったり、
休館日には、ランチに行ったり、買い物したり・・・。
その彼女が、今月で辞めることになりました。
まだまだ一緒に仕事ができると思い込んでいたから、
本当に寂しいけど、彼女が自分で決めたことだから、
背中を押さなくちゃ、と思います。
自分もそうしてもらったんだから。

今日は仲良し5人で、お別れ会ランチへ。
町田のエルシーで、バイキング形式の‘カフェdeランチ’。
メインディッシュを選んだら、あとはバイキング。
ゆっくりできるように、時間制限を設けていない、とのことで、
それに甘えてかなりゆっくり・・・。改めて今気づいたけど、
3時間近くおしゃべりして、食べていたようです^^;
どうりでお腹がいっぱいに(笑)
DSC_0168.JPGDSC_0169.JPG
前菜の三種盛りと、メインディッシュの、
白身魚と帆立貝の盛り合わせバジルソース。
これに、サラダスープ・パン・飲み物を自由にいただいて、最後は・・・
DSC_0171.JPG
ケーキもバイキングで^^ 

思い出話や、これからのこと、あれこれいろいろ話しました。
ひと区切りではあるけれど、これからもよろしくね、と締めくくりました。

5年半、いろいろあったね。ホントにありがとう。
頑張ってね! 私も負けずに頑張るね。


感性を刺激しに その4 [イベント・お出かけ]

「いとうひろしの世界 わくわくがやってくる」は、タイトルの通りでした^^
まず、入り口を入ると・・・
IMG_1339.JPGIMG_1340.JPG
ルラルさんと仲間たちがお出迎え^^ おさるくんも^^

IMG_1341.JPGIMG_1343.JPG
石の音の絵。いとうさんらしいです。たたいてみてね、と書いてあり、
どんな音がするのかな?と思ったけど・・・。ん~、岩の音でした^^;

でも、一番はやっぱり・・・
IMG_1342.JPG
『ルラルさんのにわ』のワンシーンそのもの! 気持ち良さそう~♪

館内の展示も、いとうさんの遊び心いっぱいで楽しかったです^^
いとうひろしさんの本は、ルラルさんのように、楽しいものもたくさんですが、
私が最初に知ったのは

だいじょうぶ だいじょうぶ (ちいさな絵童話りとる)

だいじょうぶ だいじょうぶ (ちいさな絵童話りとる)

  • 作者: いとう ひろし
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/10/17
  • メディア: 単行本

とても優しい、とても温かいおはなしです。
こんなおはなしも書けて、ユーモアもたっぷりないとうさんは、
きっと素敵な方なんだろうな、と思います。

鎌倉文学館も、情緒ある、落ち着いた雰囲気の建物で、
鎌倉にゆかりのある文学者たちの常設展示も、
興味深かったです。鎌倉の歴史を感じました。
庭園は、もうしばらくすると、バラがきれいに咲くようです。
春にはバラまつりも開催されるそうです。
いつかまた、バラのきれいな頃に来られたらいいな。

本当に久しぶりに、江ノ電にも乗りました[電車]
家がこんなに近かったっけ、と、改めて驚いたり、
就学旅行中の小学生や中学生と遭遇して、満員の江ノ電にびっくりしたり^^;

そしてお昼は生しらすを求めて・・・。
IMG_1344.JPG
文学館でお腹が鳴るほど、お腹がすいていたので^^;、
新鮮な生しらす、とっても美味しくいただきました。


感性を刺激しに その3 [イベント・お出かけ]

「プーシキン美術館展」は、8月の終わりの平日に行きました。
始まってからかなりたっているし、夏休みも終わりで、平日だし、
と、あまくみていたら・・・。かなりの人出×
みなとみらいだからかな。新しいショッピングモールも出来たしね。
なので、一枚一枚、あまりゆっくり観賞はできませんでしたが、
久しぶりに本格的な美術鑑賞ができました。
美術展に行くと利用する音声ガイド、今回は水谷豊さん。
主催にテレビ朝日が入ってたんですね。どうりで最後が『相棒』っぽかった^^
音声ガイドはおすすめです。たいてい500円ほど料金がかかりますが、
絵画や画家にそれほど詳しくない私でも、プラスαが楽しめます。

ポスターや、チケットにもなっていたルノワールの『ジャンヌ・サマリーの肖像』は、
本当に素敵でした。何より色がきれいで、その絵だけ浮き出ているようでした。
シャガールの『ノクターン』も、悲しい絵だったけど、心に残る作品でした。

図録集はちょっと高価だったので、こちらを購入^^;

プーシキン美術館展公式ガイドブック (AERA Mook)

プーシキン美術館展公式ガイドブック (AERA Mook)

池田理代子さんによる特別描きおろし漫画、『三都物語』も掲載されています。


感性を刺激しに その2 [イベント・お出かけ]

「チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち」は、八王子だったので、
仕事帰りに一人で行ってきました。
ただ、それがちょうど八王子のお祭りの日で・・・。
美術館にたどり着くまでに、30分くらいかかってしまいました×
普段だったら、駅から15分、と書いてあるので、倍かかってしまった・・・。
八王子のお祭りが、ちょっと嫌いになりました[もうやだ~(悲しい顔)] ごめんなさい。
でも、仕事帰りに行けるくらい、遅くまでやっていたのは、
お祭りだったおかげなんだけど^^;

展示スペースは、そんなに広くはなかったけど、
ところどころでアニメーションが観られるようになっていて、
時間があったら、ひとつひとつゆっくり観賞したくなる、
静かで居心地の良い空間でした。
今人気が出ているチェブはとっても可愛いけど、元々はこんな感じだったのね^^;、
と、初めて知りました。『ビブリア古書堂の事件手帖3』にもありましたね。
チェブ好きの友人にお土産も買えたし、無理しても行って良かったです。
DSC_0116.JPGDSC_0114.JPG





 


感性を刺激しに^^ [イベント・お出かけ]

7月の終わり頃からちょこちょこと、原画展や美術展に出掛けています。
ここのところ、割引券が手に入ったり、招待券をいただいたり
(ありがとうございます^^)する機会に恵まれたこともあり、
最近私の中ではあまり使われていない、‘感性’を刺激するために、
あちらこちらへと足を延ばしています。

渋谷Bunkamuraの「レオ・レオニ 絵本の仕事」から始まり、
八王子美術館の「チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち」、
横浜美術館の「プーシキン美術館展」、
鎌倉文学館の「いとうひろしの世界」。
来月は、ちひろ美術館・東京の「ずっと長さんとともにー長新太が描いた子どもの本ー」
を見に行きたいな、と思っていますが、時間がとれるかなぁ。

少しずつご紹介。
「レオ・レオニ 絵本の仕事」は、週末の渋谷だったこともあり、
かなり混んでいました。
意外だったのは、若いカップルが多かったこと。
やっぱり教科書で『スイミー』を読んだ世代なのでしょうか。
感じたのは、レオ・レオニさんは、絵本作家というより、
芸術家なんだなぁ、ということ。
作品ごとにろんな技法が使われていて、じっくり見ていると、
本当に面白いです。
絵本も自由に読めるようにたくさん置いてあり、お気に入りができました^^
私のおすすめは

ひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなし

ひとあしひとあし―なんでもはかれるしゃくとりむしのはなし

  • 作者: レオ・レオニ
  • 出版社/メーカー: 好学社
  • 発売日: 1975/04/01
  • メディア: 大型本

びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなし

びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなし

  • 作者: レオ=レオニ
  • 出版社/メーカー: 好学社
  • 発売日: 1996/05/01
  • メディア: 大型本

どちらも、クスッと笑えます^^

ちなみに、この日のお昼は‘元祖くじら屋’の定食。
DSC_0112.JPG
お腹を減らしていた二人は、「くじらだって^^」と、即入店したのですが、
有名なお店だったみたいです。美味しくいただきました。

長くなってしまったので、つづきは別の記事で。


ふふふ^^ [日々のこと]

今日は一日、変なお天気だったけど、
私には、「ふふふ」なことが多くて、楽しい一日でした^^

毎日配送箱を運んで来てくれるおじさんが、朝の星占いを気にしていたこととか、
ロッカーで歯磨きをしていたFさんとHさんが、「んふふふふ。んんん。んふふー。」と
言いながら、身振り手振りで会話が成立してたこととか、
水曜日に届く、大量の配送箱を開けて、みんなで汗をかきながらも、
たわいのない冗談を言い合って笑ったこととか・・・。
思い出すとつい、クスッと笑ってしまうようなことがたくさんありました。
そう言えば、昨日も、「ぺんぎんたいそうが始まるよー!」と、
昼休みに声を掛けられ、整理室に行ったら、
『ぺんぎんたいそう (こどものとも0・1・2)』(福音館)という絵本があって、
それを見ながらみんなで身体を動かし始め・・・。
今週から来ている実習生まで巻き込んでしまいました^^;
なんて楽しい職場(笑)。

今夜は今夜で、友人たちと誕生会兼食事会[バー]
最初に通された席が、お店の外に後から付け足した感じの個室で、
半分外にいるようなテラス席。
そしてそのテーブルの上に、小さい蟻が・・・!
最初は1匹だったけど、少しずつ増えてきて!!
結局席を変えてもらいました^^;
今回は私が幹事だったので、どうなることか、と思いましたが、
料理は美味しくてボリュームたっぷり♪ 
お店の方もとても感じが良くて、楽しい時間を過ごせました。
久しぶりに集まれたので、ここでもたくさん話して、いっぱい笑いました^^

こんなふうに笑える毎日っていいな、と、ふと思ってしまったので、
遅い時間だけど、忘れないうちに書き留めておきます。

BGMは、ファンキーモンキーベイビーズの『幸せを抱きしめよう』で^^
いかがでしょうか・・・。

ファンキーモンキーベイビーズ5

ファンキーモンキーベイビーズ5

 


久しぶりのマクロビ [食べ物]

ここのところなかなか行けなかったマクロビ教室に、
久しぶりに参加してきました^^

この日のメニューは、
野菜たっぷりトマトソース冷やし中華。
DSC_0119.JPG
麺は、中華麺ではなく、ひやむぎで作りました。
(ちょっとピンぼけですみません・・・^^; )
野菜たっぷりで、さっぱりだけど、ボリューム満点。

それと、ピーマンとかぼちゃのピリ辛炒め。
DSC_0120.JPG
かぼちゃがホクホクで、ピリ辛加減もちょうど良くて美味しかったです♪

左上にあるのは、デザートの、ココナッツミルクのブランマンジェ。
ココナッツミルクと、豆乳と、メイプルシロップで、ほどよい甘さに。

料理ももちろん楽しいけど、その合間のおしゃべりも魅力のマクロビ教室^^
この日もたくさん話して楽しかった~♪
後で先生に、「久しぶりに参加できて楽しかったです。」ってメールしたら、
「私も久しぶりに○○さんの笑い声(意外に豪快なんだな[グッド(上向き矢印)])が
聞けて楽しかったです。」って返信が[たらーっ(汗)]
豪快・・・と言われると、何だか「かっかっかっ!」と高笑いしていそうな
イメージだけど^^;、私は笑う時、つい腹式(?)で笑ってしまうので、
結構響いてしまうことは自覚済み。
そう言えば、エコーのみんなの笑い声も大きいかも?
こういうのは、合唱癖と言うのかな・・・(笑)? 
静かなところでは気をつけないと、ですね。

一緒に参加したKさんから、自家農園のお野菜をたくさんいただきました♪
DSC_0123.JPG
茄子、オクラ、シソ、モロヘイヤ、ピーマン、ゴーヤ。
みんな新鮮でピカピカ☆ 
マクロビランチで、夜までお腹いっぱいだったけど、
いただいたモロヘイヤと、オクラと、シソに、
キュウリを入れて作ったネバネバサラダは、
つるんと食べられて、とっても美味しかったです。
この日ばかりは、私も‘にわかベジタリアン’になったのでした^^


『想像ラジオ』 [本]

想像ラジオ

想像ラジオ

 今、この瞬間に命が絶たれるとしたら・・・。大切な人に、何も残す時間はない。何も伝えられない。その想いは、いったいどこへ行くのでしょう。あなたは想像できますか?
 この本(ラジオ)のメインパーソナリティ、DJアークは、自分が置かれた状況を把握しないまま、“想像ラジオ”を始めます。それは、誰にでも、聴こえるかもしれない、聴こえないかもしれない、想像で繋がるラジオ。リスナーから次々に届けられるメッセージと、自分の中からわき上がってくる想いを通して、彼は次第に気づいていきます。自分が、誰に、何を伝えたかったのか。
 生きている私たちが、死んでいった人たちの声を聴くことはできません。でも、想像することはできます。作者は本書を執筆後の対談で、「想像すれば絶対に聴こえるはずだ、想像力まで押し潰されてしまったら俺達にはあと何が残るんだと思っていた。」と話しています。けれど、震災などで亡くなった人たちの想いを、他人の私たちが勝手に想像することが、正しいことなのか。その議論は、この本の第2章でもされています。
 確かに、勝手な想像は危険です。けれど、想像をやめてしまうのも、また危険な気がします。議論の中で、若者がバイト時代に親方から言われた「亡くなった人が無言であの世に行ったと思うなよ」という言葉が印象に残ります。想像すること、亡き人に想いを馳せることで、次に繋がっていく確かなものがあるのではないかと、この本をきっかけに考えるようになりました。議論の答えを出すのは、私たち、一人一人です。
 耳を澄ませて想像してみてください。あたなには何か聴こえてきますか・・・?

‘面白い’お土産^^ [日々のこと]

面白い恋人.JPG

先週の土曜日のコーラスの練習、私はお休みしてしまったのですが、
その時、先生からこんなお土産をいただいたそうです。
お義姉さんが、「2枚もらったから^^ 大阪に行ってきたんだって。」
と、1枚くれました。
もらったときには気づかなかったのですが、家に帰ってよく見たら・・・!
これは‘白い恋人’ならぬ、‘面白い恋人’!!
いつかテレビで紹介してたっけ。
先生もなかなか流行に敏感^^; 
吉本で出してるんですね。どおりで(笑)
ご馳走さまでした♪


前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。